読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌で転職活動をしている人のブログ

安心してください。今日も無職・・・・・・・・ではなくなりました!ジョー・ヤマグチです。札幌で就職活動中の30代無職です。

公共職業訓練(ポリテクセンター)の入所試験の合格発表

f:id:joyam:20170228194909j:plain

 

一年ぶりの更新

 

前回の更新よりずいぶんと時間がたってしまいました。最後に更新したのは 2016/03/01なので、約一年ぶりということになります。一年たちましたがもちろん無職…………………………なわけもなく、現在は就労しています。

 


なぜ更新するのか?

 

なぜ一年ぶりに更新しようかと思ったかというと、このブログに来てくださる方が意外に多くて、今まで書いてきたことって、それなりに需要あるんだなと思ったからです。無職から職業訓練を経て就職した経験っていうのは、だれでも体験することではないし、それなりに貴重なんだと思い、その記録を残しておかないとと思ったのです。

 

自分は今後、無職に戻るつもりはないのですが、会社を辞めたくなった時に「ああ無職の時はこんなこと考えていたのね」という使い方もあると思います。

 

合格発表

さて、最後に書いた記事の続きを書いていきます。ここからのエントリーはしばらく回顧録になります。リアルタイムで書いておけばよかったと思ったり。

 

以前、入所試験を受けたところまで書きましたが、1週間くらいだったろうか、しばらくして郵便で合格発表がありました。合格発表なんて大学以来で、多少緊張して通知を待っていました。

 

郵便でやってきた封筒には「合格」という内容が書いてありました。何とか職業訓練に合格したのです。

 

筆記試験は手ごたえがあったのもの、面接試験では結構突っ込まれて聞かれたものの、うまく答えられなかったので、合格の可能性は半々くらいかなと思っていました。なので、素直にうれしかったです。

 

「勉強できることがうれしい!」

 

という気持ちはあまりなくて、

 

「とりあえず半年は就職しなくても食っていける…」

 

というのが正直なところでした。…職業訓練を受ける人の本音じゃないでしょうか。

 

 


次回は入所式について書きます。

 

 

 

新版 「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

新版 「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

 

 

 

職業訓練校3倍まる得スキルアップ術

職業訓練校3倍まる得スキルアップ術

 

 

 

「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

 

 

 

 

 

公共職業訓練を受けるためにポリテクセンターで入所試験を受けてきました

職業訓練

f:id:joyam:20160301223644j:plain

某日、公共職業訓練を受けるために、ポリテクセンターで行われた入所試験を受けてきました。その時の実録レポートです。これから試験を受ける人の参考になればと思います。

 

「試験つったって、たいしたことないんでしょ?」

 

そんな舐めた気分でポリテクセンターに向かいました。

 

服装は迷ったのですが、ハローワークの担当の人に聞いたところ

 

「スーツが無難です」

 

というアドバイスをいただいたので、普通のスーツで行きました。
…これが功を奏すことに。

 

試験会場であるポリテクセンターに到着、受付を済ませ二階の広い会場にはいりました。

 

会場に入ってみると、思ったより人がいます。
こりゃあ、結構な倍率になるなあと思ったのでした。

 

ポリテクセンターの入所試験は、学力試験と面接です。

 

まずは学力試験です。数学・国語などの簡単な問題でした。
簡単すぎて拍子抜けです。漢字以外は正解だったんじゃ…

 

モノづくりの学科らしく、図形の把握問題なんかもありました。
また、学科の最後には注意力のテストがありましたが、こちらもまったく問題なし。

 

「これじゃあ優劣つけられないよな…」

 

というわけで、重要なのは面接なのかもしれません。


続いて面接試験。

こちらは複数の面接ブースがありますが、基本的に個別面接なので、時間がかかりました。

 

私は最後のほうだったので、結構待ちました。

肝心の面接ですが、結構突っ込んで聞かれます。

 

覚えているのは以下のような感じ。

  • 自己紹介。
  • 経歴についての質問。
  • なぜこの職業訓練を受けるのか?
  • 卒業後はどんな仕事に就きたいのか?
  • 応募書類にチェック欄があったが、何か覚えているか?
  • 科目に関する最近の気になるニュース。
  • 受講に関する質問はあるか?

時間は15分でした。

 

面接官の点数シートみたいのが見えたのですが、そこにはしっかりと服装の欄があり、

 

「スーツ○」

 

みたいなことが書かれていました。
よかった、スーツ着てきて。

 

そんなこんなで面接も終わりましたが、あまりよく答えられず…
ちょっと自信がなくなりました。

 

次回は、結果発表について書きます。

 

 

新版 「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

新版 「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

 

 

 

雇用保険・職業訓練・生活保護・給付金 徹底活用マニュアル (すぐに役立つ)

雇用保険・職業訓練・生活保護・給付金 徹底活用マニュアル (すぐに役立つ)

 

 

 

職業訓練校3倍まる得スキルアップ術

職業訓練校3倍まる得スキルアップ術

 

 

札幌で転職活動中の無職が、公共職業訓練に申し込んでみた

職業訓練

f:id:joyam:20160113150047j:plain

職業訓練について書いてみます

無職生活も長くなってきて、ちょっと懐も寂しくなってきましたジョー・ヤマグチです。

 

わたくし、自己都合退職なので、3か月間は雇用保険がおりません。現在3か月目に入ったばかりなのでもう少しなのですが、待ちきれなくなってきました。

 

そんなわけで、今回は公共職業訓練に申し込んでみました。

 

今回は、札幌で職業訓練を受けたいと思っている人向けに、職業訓練について書こうと思います。

 

職業訓練は失業者の場合、ほぼ無料で職業にかかわる訓練を受けられるという制度です。無料って素晴らしいですよね。

 

二つの職業訓練制度

職業訓練って、大きく二つの制度があるってご存知ですか?私はまったく知りませんでした。

 

一つ目は「公共職業訓練」。これを受けることできるのは、雇用保険に加入していた人のみです。これを受けている間は、雇用保険の失業手当と同じように一定の補助が下りたり、交通費が支払われたりします。

 

期間は様々ですが、概ね6か月です。この間、失業手当と同等の受給がおこなわれるというわけです。失業保険は3か月間の需給ですので、それよりも3か月間長くもらえるので、お得?なわけです。

 

しかも、雇用保険の失業手当受給期間と公共職業訓練がかぶっている場合は、それだけ受給期間が伸びるはずです。

 

つまり、3か月の失業保険受給中で、残り1か月くらいというところで公共職業訓練を受けると、おおよそ2か月+6か月くらいの受給が可能になったりするわけです。

 

無職の期間が長期化する場合は、強い味方になりますね。

 

しかし、札幌では「公共職業訓練」ってあまり種類がありません。

一番メインとなるのが、琴似にあるポリテクセンターでおこなわれるもので、ものづくりや電気・機械関係の訓練がメインとなります。

 

あれ?たしか事務とか介護とかPCの訓練ってなかったっけ?という方、それは「求職者支援訓練」です。

 

二つ目の「求職者支援訓練」というのは、雇用保険に入っていなかった人や、失業手当を受給後も就職できなかった人を対象とした訓練のようです。

 

とはいえ、離職後すぐに求職者支援訓練を受けることは可能です。しかし、公共職業訓練のような受給や補助のメリットはありません。受講料はほぼ無料ですが、交通費は自腹ですし、日々の補助もありません。

 

私も勘違いしていたのはそこでした。失業手当の受給前に求職者支援訓練をうけても、金銭的なメリットはほとんどないということですね。

 

真に勉強だけを目的とするのであれば求職者支援訓練でもいいのですが、失業手当を目的とするのであれば公共職業訓練しかないというわけです。

 

 公共職業訓練に申し込んでみた

というわけで、まあちょっとしか興味はないのですが、公共職業訓練を申し込んでみました。

 

申し込みは、ハローワークで行います。まず、ハローワークで「公共職業訓練を受ける必要がある」という認定をもらうことが必要です。

 

ポリテクセンターでの公共職業訓練は試験があるのですが、その前段階としてハローワークの担当者に許可をもらうということが必要なのです。

 

「まあ適当な理由を言っておけば、大丈夫なんでしょ?」

 

と思っていた私。これが大間違いでした。

 

「どうして職業訓練を受けなければならないのか」

「どのような業種・職種につきたいのか」

「どんな会社を受けようと思っているのか」

 

ハローワークの職員にガンガン質問されて、たじたじな自分。

思っていたよりも、執拗に聞いてきます。

 

間違っても、

 

「ただお金がほしいだけです~えへ♪」

 

なんていえない雰囲気。

 

なんとかしどろもどろで説明するも、今度は願書に志望動機を書いてきてくれという指令。本当に大変でした。

 

そんなわけで、試験の全段階で疲れた私でした。

 

次回は、ポリテクセンターでの試験について書こうと思います。

 

 

新版 「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

新版 「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

 

 

 

雇用保険・職業訓練・生活保護・給付金 徹底活用マニュアル (すぐに役立つ)

雇用保険・職業訓練・生活保護・給付金 徹底活用マニュアル (すぐに役立つ)

 

 

 

職業訓練校3倍まる得スキルアップ術

職業訓練校3倍まる得スキルアップ術

 

 

 

悩んでいてもしょうがない。無職ライフを楽しもう!!

無職

 

f:id:joyam:20160127150914j:plain

安心してください。今日も無職のジョー・ヤマグチです。
札幌は雪が少なかったのですが、最近になってどっかり積もってきましたね。
本日も雪かきに追われているわたくしです。

 

無職は自由!?

さて、今日は無職について書こうと思います。


平日の昼間っから家の前の雪かきをしているわたくし。ちょっとだけ、世間の目が気になります。いい年したおっさんが、平日の昼間に家にいると、世間の目は冷たく感じます。

 

この”世間の目”というのが、無職ライフにとって一番堪えるのではないのでしょうか。みなさんはどうでしょう?

 

会社を辞めた日の解放感は素晴らしいですよね。

 

「ついに辞めてやったぞ!はあっはあっは!」

 

そんなことを叫びたくなるくらい、自由を感じる瞬間です。

 

無職のリアル

しかし、どうでしょう。そんな解放感はほんの数週間でなくなっていきます。それ以降は、現実に追われる日々が続くのです。

 

  • 「思ったより金がかかるなあ...どんどん貯金がなくなっていくよ。」
  • 「健康保険と住民税って、なんでこんなに高いのさ!」
  • 「親や友達に恥ずかしくて会えない。」
  • 「思ったより内定がもらえない…」
  • 「やろうと思っていたことが、考えていたよりもできない。」

 

そんな”無職のリアル”に直面するわけです。

 

にじみ出る焦り

そんなことをしているうちに、どんどん焦りが出てきます。

 

  • 「もしかすると、俺やばくない?」
  • 「このまま仕事決まらない?」
  • 「俺ってダメ人間?」

 

こんなことを考えるようになってきて、どんどんドツボにはまっていくのです。

 

焦りは就職活動にも

そんな焦りは就職活動にも表れるようになってきます。


当初は絶対応募すらしないような会社に応募するようになったり、安易に条件を緩和して早く内定を取りに行ってしまうようになるのです。

 

書類や面接でも焦りが出てしまい、変に緊張したり、必死さが出てしまったり…
これでは、採用するほうも不安になってしまいます。

 

転職理由の原点に立ち返る

そんなことで転職をしてしまったら、せっかく退職したのに本末転倒です。

どんなひとでも、転職するために退職したのは、理由があるはずです。

 

  • 「自分に合った仕事内容・職場を見つけたい。」
  • 「給与・待遇をよくしたい。」
  • 「人間関係を改善したい。」

 

そんな”転職の原点”を忘れてはいけないのです。
そのためにも、焦りは禁物ですよね。

 

無職ライフを楽しもう

自分が焦ってきたなあと思うようになったら、原点を思い出すようにしましょう。
そのために、あなたは「時間という自由」を「お金」と引き換えに得たのです。

 

無職になってしばらくすると、「時間という自由」を忘れてしまいがちです。
働いているときは渇望していたそれが、当たり前になってしまうからですね。

 

まずは、その自由を楽しみ、有効に使うことを考えましょう。
時間があるからといって、ゲームをしたり、無駄に寝てみたりするのはもったいないです。

 

  • 平日のすいている街をぶらぶらしてみたり。
  • スカスカのカフェで勉強してみたり。
  • 気になっていたけれど無理だとあきらめていた企業に、どんどん応募してみたり。
  • 図書館で片っ端から本を読んでみたり。

 

面接で聞かれる「今何をしているのですか?」という質問がありがたくなるように、今の無職=自由を満喫してきたいですね。

 

 

 

 

 

 

トーキョー無職日記

トーキョー無職日記

 

 

人事はぜひこれを見てくれ!残念な面接(2)筒抜ける面接

残念な面接

f:id:joyam:20160107143737j:plain

こんにちは。ジョー・ヤマグチです。

今日は久しぶりに面接に行ってきました。

 

会社に入ったとたん感じるやばい雰囲気。

「この会社はダメだ」

本能でそう感じました。

 

今日の話はまた後日書こうと思います。

 

今日は、残念な面接第二回として、「筒抜ける面接」について書こうと思います。

 

話が筒抜け

あまり大きくない会社で、結構多いです。

従業員の執務スペース内で面接をするというわけです。

 

私語のない静かなスペースで、私の面接のやり取りだけが響くというわけ。

これは本当にきつい!

 

部屋の中は静かなんですが、私の面接をダンボのように耳を傾けながら仕事をしている社員を傍目に、「志望動機」なんかを語っちゃったりするわけですよ。

 

いや、もうこれ拷問に近いですよ(*´Д`*)

 

そもそもプライバシーは?

転職者にだって、プライバシーってあると思うんですよ。

それを全く無視した扱いですよね、これ。

 

今までの学歴、経歴、職歴なんかはまだしも、仕事観や考えが筒抜けなのがつらい。

ひどいところだと、家族構成や恋人の有無についても聞いてきたりします。

 

それを聞いている従業員。何度途中でやめたいと思ったか。

 

在職者だと、守秘義務って守ってほしいんです。

在職者の現職の会社の関係者がいたら悲劇ですよね。

 

例えば、A社に在職中で面接に来たBさんの話を聞いていた従業員Cのおじさんが、A社の関係者ってこと、可能性としては結構あると思うんです。

 

守秘義務意識の低い従業員が、ボソッと密告したらどうするんでしょうね。

 

その辺の意識が低い会社って、正直残念だって思うんです。

 

けちらないで、ホテルのカフェでやれば

スペースがない中小企業は、外でやればいいと思うのです。

ホテルのカフェや貸しスペースなど、色々ありますよね。

 

実際、今までの面接でも何回か、ホテルのカフェでやったことがありました。

やっぱり落ち着いて話せるし、そういった配慮をしてくれるだけでもうれしいものです。

 

コストはかかるのかもしれませんが、コーヒー一杯くらい経費で何とかしてください。

 

転職者だって人間だ

人事採用担当の方は、転職者への配慮って考えてほしいです。

それだけで、印象はがらりと変わるし、不採用になってもファンになったりすることもあるんです。

 

どうかよろしくお願いいたします^^

 

 

人事担当者が知っておきたい、10の基礎知識。8つの心構え。

人事担当者が知っておきたい、10の基礎知識。8つの心構え。

 

 

 

図解でわかる 人事・労務の知識(第3版)

図解でわかる 人事・労務の知識(第3版)

 

 

 

 

 

ここが変だよ!面接(1)志望動機って必要?

ここが変だよ!面接

f:id:joyam:20160107135545j:plain

 

多くの企業が面接で2番目に聞く質問

面接で一番最初に聞かれる質問ってなんでしょうか?

私が一番多いと思うのは、「自己紹介してください。」という質問です。

これ本当に多いですね。

 

それに続いて流れのようにされる質問が、

「当社を志望した理由を教えてください。」

いわゆる志望動機ってやつです。

 

いつも思うのですが、この質問って必要ですか?

 

転職者に一体何がわかるというのか

この質問をされるのがほとんどなので、多くの転職希望者がこの質問への答えを用意しますよね。新卒ではほぼ100パーセント聞かれるので、絶対必要です。

 

この質問に答えるたびに、「この質問って無駄だよなあ」って思います。

 

そもそも、転職者に一体その企業の何がわかるというのでしょうか。

わかるのはせいぜい事業内容とか商品・店舗とかそれくらいです。

 

それだけをもって志望動機を考えるのって、本当に大変です。

よくわからない企業への志望する理由を書かなければいけないんですから。

 

その結果、多くの就・転職希望者が無難で浅い志望動機を考えていくことになるのです。

 

これって本当に無意味。

 

せめてこの質問に変えてほしい

せめて、この質問に変えてほしいのです。

「弊社を志望したきっかけは何ですか?」

 

まあ、これもほぼ志望動機とイコールなので、変わらないといえば変わらないのですが、何となく質問の意味はあるかと思います。

 

「サービスを受けたことがあるから。」

「求人を見て、仕事内容が面白そうだったから。」

「たまたま。」

 

そんなきっかけを聞く程度でいいのかなと。

もっと質問しなければいけないことってたくさんありますよね。

 

スカウトしておいて志望動機?

転職サイトでスカウト機能ってありますよね。

それで企業からスカウトされていってみると、志望動機を聞かれることがよくあります。

 

「いや、スカウトされたから来てみたのですよ。」っていう話。

 

まあ、それだとまずいのはわかっているから、それなりの志望動機を用意するんですが、もう少し質問する側も、質問の意義を考えて欲しいなあと思うのです。

 

スカウトかけたんだから、まず「なぜスカウトしたのか」を話してよって思います。

 

質問の優先順位

1時間の面接を用意していて、志望動機を聞くのはまあいいとしても、30分の面接で志望動機を話題にするのってホントもったいない。

 

もっと、優先順位が高くて聞かなくてはいけない内容ってあるんじゃないかな。

 

その人の仕事の実績であったり、仕事への考え方だったり、天職にあたって重視する点だったり。その辺の時間を削って、志望動機を答えさせる意味があるのかな。

 

おしえて!人事の人!!

 

まあ、あるんでしょうね。理由が。

 

 

 

 

自分を活かす志望理由書・面接―推薦・AO入試対応 (東進ブックス―大学入試小論文シリーズ)

自分を活かす志望理由書・面接―推薦・AO入試対応 (東進ブックス―大学入試小論文シリーズ)

 

 

 

 

面接にいってきた!面接実録(1)北海道の作業用品小売業H

面接にいってきた

こんにちは。ジョー・ヤマグチです。

 

生涯50社程度の面接を受けてきたわたくし。

受けてきた面接のことを書いていこうと思います。

 

f:id:joyam:20160107134455j:plain

 

まず最初は、北海道本社の作業用品小売業H。

店舗名はPなので、そちらのほうが知名度があります。

店舗数も増えており、伸びている会社ですね。

 

そちらの社内SE職の採用を受けたことがあります。

 

新卒以来?社長の名前を聞かれる!

まずはドキドキしながら、店舗二階の会社へ。

ワンフロアに社員が30名くらいかな?モクモクと働いていました。

 

なんだか、ちょっと息苦しいかんじ。

なんか余裕なさすぎじゃない?っておもいました。

 

面接が始まりましたが、すごく印象に残っているのが以下の質問。

「社長の名前を答えてください」

 

まじかよ~っ(-_-;)

 

今時、中途採用で社長名を聞いてくる会社があったとは。

苗字は答えられたものの、名前は答えられず。

 

しかし、今時新卒の会社でもあまり聞かれませんよね?

これだけでテンションダウンでした。

 

一体何の意味が…

私にはまったくもって、社長の名前を答えさせることのメリットがわかりません。

何の意味があって聞くのでしょうか?

 

おしえて~人事の人!

 

それですっかりテンションが下がった私に追い打ちをかけるように、若干圧迫ぎみの面接が続きました。まあ、私だけかもしれませんけど。

 

社長名を聞かれただけでテンションが下がる自分は、まだ修業が足りないのでしょうか…

 

とにかく、それがすごく印象に残った会社でした。

 

ちなみに結果は、一次面接不採用でしたよ(*´Д`*)

 

 

人気企業内定者に聞いた 面接の質問「でた順」50 2017年度版 (日経就職シリーズ)

人気企業内定者に聞いた 面接の質問「でた順」50 2017年度版 (日経就職シリーズ)

 

 

 

パーフェクト内定 - なぜ就活生は第一志望企業から内定が取れないのか。 (MyISBN - デザインエッグ社)

パーフェクト内定 - なぜ就活生は第一志望企業から内定が取れないのか。 (MyISBN - デザインエッグ社)